落選した理由は教えてもらえません。

文学賞へ応募したけれど、落とされた理由がわからない、など、小説を書いて文学賞を獲るまでには悩みは尽きませんよね。 何回応募しても第一次選考すら通らないと、本当に小説家なんて目指してよいのかなんて落ち着かない暗い日々が続くのは、子竜も散々経験しました。もうあんな経験などしたくありません。

<添削サービスを開始しました>

子竜は富山県高岡市で「小説を書いてみませんか」という講座を担当しております。これまで延べ100名ほどの受講生に1から教えてきましたが、新聞社系の文学賞には早くも3名が大賞に輝き、同人誌系にも2名が入選するという実績を得ております。 また、受講するまでまったく書いたことのなかった人でも同人誌に寄稿するまでになり、富山県外からも問い合わせが来るほどになりました。


どうしても自分の弱点を克服して文学賞に入選したい、という人の熱意を無視することはできません。子竜は独学でしたが、辛く長い不安な時期を体験しただけに、できれば力になってあげたいのです。

<落選した理由を指摘しましょう>

まずは、これまで書かれた作品を読ませていただいて、あなたの弱点や欠点を知るこから始めなくてはならないでしょう。さもないと、何度応募しようと同じことの繰り返しになります。執筆に要する時間と労力を無駄にしてはいけません。

<現役の小説家だからこそ>

おなたの作品の弱点や足りない部分をズバリ指摘できるのです。それとも、元新聞記者だとか国語の先生からの指摘で、納得できるのでしょうか。本当に正しい指摘と思えるでしょうか。できれば現役に指導をお願いしたいのは、小説に限らずどんな分野でも当然のことでしてあなただけの願望ではありません。当たり前のことだと思います。

<有料にはなりますが>

添削の料金ですが、30枚までごとに8000円です。

50枚ですと、1万6000円。

200枚ですと、5万6000円になります。

高額のように思えてしまうでしょうけれど、子竜が費やす時間を時給換算していただきますと納得してもらえると思います。ネット上にある添削サイトでは、どこでもほぼ3倍の料金になっています。

<お申し込み方法>

ブログのメールフォームよりお申し込みください。

その際には、原稿の枚数をお知らせください。

返信メールにて、原稿の送り先と料金の振込み先をお知らせします。

パソコンのワードで執筆の場合は、原稿送付をメール添付にしますと印刷の手間が省けます。